フラボノイドの抗酸化作用

今大変評判になっているフラボノイドの抗酸化作用は、イチョウ葉エキスに含まれるものです。

活性酸素とは、本来体内を守るために作られるものですが、ストレスやウィルスによる影響を受けて、増えすぎてしまうという性質があります。活性酸素が増え過ぎると、細胞破壊が起こり、動脈硬化など生活習慣病を引き起こしてしまいます。そうなった活性酸素を抑えてくれるのがフラボノイドなのです。まず血管を修復して強化したうえに弾力を与え、血流の促進、そして血液循環機能の改善など、その症状を次々に治していきます。またイチョウ葉エキスには、脳機能改善作用を持ったビロバライド、という成分が含まれています。この作用が、集中力、記憶力を向上させるのに役立つのです。ほかにもイチョウ葉エキスに含まれている成分として、ギンコライドという血栓を防止するものがあります。抗炎症作用という働きもあり、アレルギーの改善の役割もしています。
フレナーラ

フラボノイドの抗酸化作用 はコメントを受け付けていません。

Filed under その他