思春期の貧血について

思春期に起こる貧血で一番多いのは、鉄不足による貧血と言われています。

鉄不足による貧血のことを「鉄欠乏性貧血」と言います。成長期の子供は鉄分を大量に消費すため、この様な症状が起きやすくなります。

鉄不足が起こると、一体どのような事が起こるのでしょうか。

まず、鉄欠乏性貧血になると非常に疲れやすくなったり、イライラしやすくなったり、集中力が落ちたりといった事があります。

特に思春期の女の子は月経による出血があるため男子よりも鉄不足になりやすくなります。

これらの鉄不足を補うのには、どうしたら良いでしょうか。

鉄欠乏性貧血を防ぐためには、鉄分を多く含む食品を心掛けて食べる事が重要です。

また鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類があり、バランスよく摂ることも大切です。

ヘム鉄は肉や魚介類に多く含まれ、非ヘム鉄は野菜に多く含まれます。

通常の食事からの摂取が難しい場合は、キッズサプリを利用するのもひとつの方法でしょう。

鉄分が豊富にふくまれ、伸長を伸ばすおすすめサプリ
としては「贅沢のびるんるん」などの商品があります。

タブレットタイプで食べやすく、思春期のお子さんに最適な商品になっています。

思春期の貧血について はコメントを受け付けていません。

Filed under 生活