構造変更申請

車を大きく改造する場合には構造変更申請が必要となります。ですが、車検対応型の部品を使うならば

構造変更申請は必要ありません。例えば、ハンドルはどうでしょうか。ハンドルをもし別のものに交換しようとする時には、外径が36センチ以上あるならば車検に受かります。しかし、確実に取り付けてあってメーター類がきちんと見えるということが必要です。そしてハンドルにホーンボタン、ラッパのマークがなければなりません。市販のハンドルであるならば、おそらく、ついているでしょうけども、きちんと確認しておくようにいたしましょう。しかし気をつける必要があるものもあります。それは SR Sエアバックです。もしエアーバックがついているハンドル(最近のものはほとんど)に、エアバックがついてるならば、も消化のハンドルに変えるならば、それが使えなくなってしまいます。また、ハンドルを交換する時にはエアバックが膨らんでしまいい事故起こす可能性もありますので、注意が必要です。車買取 東広島

構造変更申請 はコメントを受け付けていません。

Filed under その他