国民投票法で20歳以上から18歳以上に年齢を下げて何か意味あるの?

私は政治の事に関しては良く分かりませんが、国民投票を20歳以上から18歳以上に引き下げて何か変わるのかな、と少し疑問に思います。

日本を良くしたいと言う思いや、もっと若い内から多くの人に政治に興味を持って貰いたいと言う思いが込められているのかもしれません。
けれど、18歳以上にしてもあまり変わらない様な気がしますね。
また、私の経験ですが、私は27、8歳の頃から国民投票に参加する様になりました。
つまり、何が言いたいのかと言うと、未成年者が投票に参加するかどうか疑わしいと言う事です。
大人でも投票しない人はしません。
そして、誰でも良いから投票の格好だけでもすると言う考えの人もいるでしょう。
なので、実際には現在とあまり変わらない様な気がします。
ただ、これが18歳以上から議員に立候補出来ると言う流れになるのであれば、また違う考え方が浮かびますね。
若い世代が政治に携わる事で、日本が今よりも良い方向に変わっていくと思う。
とは言え、まだ正式に決まったわけではありませんし、完全にこの国民投票改正案が採用となっても数年後からであり、可決された翌年からなるわけではありません。
また、考え様によっては将来的に18歳以上の選挙権を有する狙いがあるのかもしれない。
それとも、18歳以上をもう完全に大人扱いにしようと言う意図も隠されているのだろうか?
ただ、色々な事が若年化してきているので、この流れも自然な成り行きと言えるでしょう。
と言う事で、選挙権ももしかしたら18歳以上と年齢を引き下げられるのかもしれません。

恋も18から

国民投票法で20歳以上から18歳以上に年齢を下げて何か意味あるの? はコメントを受け付けていません。

Filed under その他